« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

菅野美穂さんの蜜の味 蛇のようなリラックマ直子 ちゃかっりライライ

蜜の味、国民的に愛される、興味を持ってもらえる、準的に言っても、そういうドラマでにはなりそうもないかな。

そうでない、ドラマじゃ、品質が悪いというわけではないとは思うが。国民的に良く観られているから、最高度の品質のドラマって、訳じゃないから。

でも、穂影は、自分が気に入ってる菅野さん出演のドラマだったら、こんな書き出しはしない。やっぱ、ドラマよりも、菅野さんが、どんな風に、このドラマに取り組んでいるのかなということで、観るのをつなげているのも正直なところ。

検索した、みんなのTwitterでのつぶやき、興味深いものがある。これって、新鮮な勉強になる。つぶやいてくれる人のご意見って、無作為抽出的な、統計的公平性は、勿論ないわけだが、国民的ドラマでない良さをさぐる為には、意味は十分にある。

蜜の味の、Twitterの反応、読み切れないという程ではない。今、ちゅらさん、わた教、キイナだったら違ったかも知れなかったと思う。

彩が悪い、彩は悪女という意見は、ある程度、普通だが、直子も悪い、悪女、ずるい、なんて意見もある。なんか、それぞれに一理も二理もあるような気がする。

このドラマに関して、ドラマの外での菅野さんの、リラックマ発言。ドラマ関係者のアドバイスあるかなぁ。ドラマで直子批判の予測にもとづいた、ナイスフォローだと思う。穂影も、直子みてて、直子批判に傾くとき、榮倉ちゃんのお顔みながら、リラックマ連想すると、気持ちが和らぐ。直子役は、榮倉ちゃんじゃなきゃ絶対だめだな。宮崎あおいちゃん、蒼井優ちゃん、石川さとみちゃん、吉高由美子ちゃん、なんかだったら、本当にバトルロワイヤル・女の戦いになっちゃう。堀北真希ちゃん、黒川智子ちゃんでも。

第4話の彩の涙は、雅人にみせる為じゃない。彩の気持ち判るって意見もある。でも、本当の愛にもとづくものかなぁという気も。あんたなんかに、仕事に生きる女のつらさわかるっか!!って彩ファンに怒られそうだ。

でも彩。気持ちの発揮の仕方が、蛇、蛇女的です。アンチ直子派からは、直子こそ、蛇、蛇女ーー!。リッラクマみたいだから、余計、憎い

ドラマより、ファン同士の戦いの方が、面白い

直子、雅人とは一緒のベッドなのに、お父さんとは別の布団。今の若い女子からすれば、隠微でもなんでもなくて、当然、自然!!! 今の年頃の娘さんを持つ、お父さん、可哀想~。

しかし、不倫、禁断の愛。不倫はともかく、禁断の愛、ライライに話すかね。

禁断の愛、ライライに話せるぐらいの、可愛らしい軽い気持ちだったのね。直子正常じゃん。それを、超過敏な勘で、ことさらに察知して、大げさに考え、いじめに執念の彩って、サイコ?

かと思うと、直子も直子。結構、隠微な禁断の愛指向?? 直子・蛇女。

それとも、良い人と幸せならいいけど、彩はダメという、女の勘、母性愛??

まだまだ、判らない、面白いドラマです。

彩がサイコな訳、過去に悲しい体験のトラウマがあってということになると、恋の奇跡の雪乃のように、人気急上昇ってのもあるか? 直子恐いもあるか?

ライライも恐いよね。親切のふりして、ちゃっかり、風呂付の部屋じゃん。中国留学生のイメージ上、脚本にイエローカード。ライライファンとして挽回を期待する。

彩 VS 直子  ○○ VS リラックマ  ○○は何が良いか、榮倉ちゃんに聞いてみたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

菅野さんの 蜜の味 お勧め clouさんの 菅野美穂ファンによるうだうだ綴り

clouさんの 菅野美穂ファンによるうだうだ綴り の 蜜の味 第3話詳細感想 興奮して朝6時まで寝れず遅刻~ 読み応えあるなぁ~ 素晴らしい感想。

菅野さんファンとして、蜜の味は、消極的なニュアンスもある自分が恥ずかしい。clouさんの感想を読まないと、蜜の味 観るには絶対、損。読めば必ず、より楽しく、蜜の味 が楽しめる。

面白く書いてあるだけじゃなくて、あれで良いとの、榮倉ちゃんの演技評、分析は凄い。私もだけど、プロのドラマ関係者も、まいった、おみそれしましたと、頭下げてハハァ~かと思う。  照れくさそうに、優しい笑みを浮かべる、菅野さんを想像してしまう。

最近は、反響はツイッター無視できないですね。ブログやサイトのコメントより、こっちに移っちゃってる。でも、反響の信ぴょう性は、より増しているかもです。

穂影は、素の菅野さんベースで、その容姿にメロメロなんだけど、菅野さんの演技力もあって、役の彩の容姿を、綺麗って感動しきれない。clouさんと違ってバイアスがかっているかも。私はファンとして未熟だ。 私はKARAは少女時代ほどには、好きではないのだけど、KARAのハラのメーキャップはステージより青春不敗の方が可愛いのにと思ったりする。

直子も彩に、榮倉ちゃんも菅野さんに、堂々、女の戦い挑んでますよねー。けなげに見えるところも成功してる?

>演技終わった後菅野笑ってそうだな

この菅野さん理解。すきだなぁー

clouさんのドラマの観方、楽しみ方は、理想形。こうして楽しんだ者が勝者だ。ドラマのつくり甲斐、送り甲斐って、ここにあるんだろうな。

彩って、負け組になりたくない為だけに彼氏つくる結婚するって感じかな。しかも男に縛られたくないから、玉の輿も拒否する。美貌にこだわりながらも、それにしか関心のない男の欲望も、パワハラ的な欲情もおぞましい。でも、モテない女にはなりたくない。純情な雅人は格好のカモ。恐い女だなぁー。でも、そんな彩をカッコ良いと思うのは不健全ではない。ドラマでは、悪者、悪役だって、カッコ良ければヒーローだ。善良な市民は、現実では、そうはなれない良識があるのだから。男が任侠、渡世人にあこがれるのと一緒だ。

ただ、渡世人についていく女を、バッカじゃないと思う女性視聴者がいるように、雅人って馬鹿かと思っている男性視聴者もいるかもだ。

でも、言いよる男どもを全く相手にしない、いい女が、自分だけに好意を示してくれたら、このひとは、自分を理解してくれる、目を持ってるって、思っちゃうよね。

雅人とケンカして、一人泣く、彩。彩って、いいとこあるじゃんと、思った穂影だが、まてよ、これは、雅人に見せる涙か。でも結局、雅人は部屋にはいって来なかった。彩の眼の中に何かがメラメラと。彩に情状酌量をなかなか認めない穂影。これも菅野さんの演技ならばかな。

ライライは、彩にまきこまれないで、無事でいて欲しいな。でもライライなら、不幸も経験値かも。勝つ力をより培うだけかな。彩が最終回とかでは壊れるって結末はある意味普通かも。直子、心配だなぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅野美穂さんの蜜の味 恐い ライライがさわやか

菅野さんが演じた 恋の奇跡 の雪乃では悪女なんか通り越して、救い難い凶悪犯罪者って感じなんだけど、なんか容姿にも魅力がある。その容姿の魅力は、演じる菅野さんのものでもある。私は菅野さんのファンなので、菅野さんはもちろんのこと、様々な菅野さん演じる役の容姿にも、可愛い、美しいとか、魅力を感じなかったことはない。

ただ、菅野さんは、本物の俳優だから、視聴者から、役で、いやな女と思われることも仕事とすれば、平気でそれに徹する人だと思う。菅野さん自身の美貌、表情をつくる力が、それを邪魔しないように出来る人だと思うし、メーキャップを手伝う人が、そう配慮することも拒まないんじゃないかと思う。主役が出来る美人女優で、それを出来る人って少ないんじゃないかと思う。佐久間良子さん、岩下志摩さん、松島奈々子さん、常盤貴子さん、松たか子さんだって、いやな女を演じるきるには、どこか美しさが目だってしまう限界がありそうだ。

蜜の味では、菅野さんのそこに注目している。私には、彩のことが、菅野さんが演じていても、視聴者として、普通に好きになれない、始めての経験である。今もCMなので、あんなに魅力的な菅野さんなのにである。

菅野さんは、ドラマなどにでると、必ず新しく熱心なファンが生まれるようだが、この蜜の味では、よほど演技実力派を発見するのが好きな人でないと、それはないかも知れない。役者冥利というのは、そこにあるのだが、多くの場合は、名わき役が多くて、主演女優(たいてい美人)には少ない。

でも菅野さんの、彩、本当に恐い。サスペンスになってきている。彩ってサイコなのかしらん? 次回が楽しみだ。

木村文乃さん演じる、頼陽華・ライライの価値観がさわやかで明るいなーって感じてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »