アスリート

2011年3月13日 (日)

感謝しよう 応援しよう 称えよう メルトダウンと戦う方々を

感謝しよう 応援しよう 称えよう メルトダウンと戦っている方々を、戦った方々を。

このみんなの気持ちを伝えたい。

信じよう、彼らの懸命を。

勝利しても、その過程での放射能拡散はある。

近くの方々は避難すべき。

しかし、メルトダウンしたら、日本中どこに逃げても無駄だ。

我々は、彼らに命を預けている。

感謝しよう 応援しよう 称えよう メルトダウンと戦っている方々を、戦った方々を。

今後の生活より、今後の国民、世界の人々の命、健康の方が先決、重要だ。

確実にメルトダウンを止めることを応援しよう感謝しよう。

その炉に再度、灯をともすことを躊躇なく放棄する、現場の判断に感謝しよう、それを、応援しよう

現場は、営利企業とししての、経済活動継続、事業存続への甘い期待をはねのけて欲しい。

担っているのは、会社、官庁の期待、メンツではない。国民の願いである。

感謝しよう 応援しよう 称えよう メルトダウンと戦っている方々を、戦った方々を。

今、必要なのは、知りたがることではない、現場を信じる、現場で懸命な方々への、応援と感謝の気持ちだ。

我々は、後で現場の方々に、あのとき、ああすれば、こうすれば、を言うつもりはない、誰にも言わせない。

現場の献身・勇気を信じ、感謝するのみだ。メルトダウンを回避してくれれば、その不安をとり除いてくれれば、ゼロからの再生は、どんなにつらくても、われわれ日本人ひとりひとりの、務めだ。

未来をつなげてくれている、現場の方々の勇気に感謝しよう、応援しよう。

15日、未明12:30 福島原発1、3号とつづいて2号機

東電記者会見、危機的、記者会見の彼らは完全に壊れている。

現場の英雄達を頼るのみ

東電管理職に原発を所有させるのは、間違いだった。人類が原発を所有するのは間違いだった。

組織としての東電はもう使えない状態だ。

現場技術者は、全て東電の社員であることをやめて、緊急政府直轄で雇用して身分を保障されるべきだ。全権を自衛隊に与え、彼らを協力させるべきだ。

東電はいらない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

安藤美姫 勝つためのジャンプ 表現者としての成熟

09年11月24日読売朝刊・スポーツ面。安藤美姫さんのロシア杯での写真が美しい。「安藤美姫 勝つためのジャンプ 表現者としての成熟」でググッてもさすがにこの記事はヒットしない。「勝つためのジャンプ 表現者としての成熟」今の美姫さんの魅力と、期待を表すに良い文章だなぁと感心。

| | コメント (1) | トラックバック (1)