« 反原発反TPP論者の新聞の読み方 人口減なんか怖くない移民政策反対 | トップページ | 曽野綾子氏という問題 »

2013年8月25日 (日)

反原発反TPP論者の新聞の読み方8月25日 秘密保全法案

8月25日の朝日朝刊社説
秘密保全法案 権利の侵害は許されぬ

テロなどに関連すると判断されれば、原発の安全性や放射能の情報まで秘匿されることに成りかねない。国民に知られたくない情報を、政権が恣意的に指定する恐れすらある。
見逃せないのは、特定秘密を知ろうと働きかける行為も「漏洩の教唆」とみなされ、処罰対象となり得ることだ。
とある。
私は、
核弾頭製造ニーズだけではウラン採掘精製規模は小さいまま原発があると核弾頭製造コストは格段に安くなる。原発やめさせない圧力の存在。この議論が無さすぎる異常。核弾頭は劣化する。
西側核保有国は独伊の脱原発ぐらいは容認できる、あの日本ですら原発やっている限りは。だから原発やめさせない。
朝日が不十分か悪意があるかも知れないのは、原発推進を日本核武装妄想にすりかえて、再処理をやめさせ処理保有国外注、再処理放棄通常核燃料なら原発維持で良いことにすりかえられ、悪かったのは日本、米国等ではないになって、米国の核弾頭更新目的ウラン採掘市場維持で原発押しつけが隠ぺいされる
原発停止・高速増殖炉の実用化メド無再処理に突き進む日本に内外の冷たい視線 石破自民幹事長はプルトを貯め込み核兵器をすぐつくれる体制は抑止力と 原発ムラ教祖の山地憲治東大名誉教授も同様 @朝日 そうもしれないが米国による核弾頭更新目的ウラン採掘市場維持で原発押しつけの分析が足りない
とツイートしている。
これなんかは、原発やめさせない裏には、こういう事情が疑われるから、その特定秘密を知ろうと働きかける行為に該当、「漏洩の教唆」とみなされ得る訳だ。私はテロなどを起こせとか、するのもやむなしとか口にする気は毛頭ないし、そうでない自信はあるが、こう考えると、とても恐ろしい法案である。
だまし続けていたとも言える福島第一原発の汚染水漏れ、タイミング的にも原発推進維持の為の法案とも考えられ、この社説の狙いも、そう思わせるところにあると思える。まことに恐ろしいことであり、自民党大勝のおそろしさである。

この他、8月2日には
福島第一原発の汚染水、定量評価の公表を。現在も続く炉とプールの水冷。水位維持の為、往水量と還水量の差の積算値は?これが積算汚染水量ではないのか?処理済放出量保管量との差は?勝手無断秘密裏の希釈垂れ流し作戦の存在を疑う。 水量の会計検査院版が必要では
とか
今後、米国西海岸で捕獲される回遊魚の放射能全数検査の経費と米国沿岸漁業業者への補償を日本政府・東電の求めていく声が米国民から出るのではないかと思う。期待していることでもあるのだが。
ツイートしていて、300トンとかレベル3とかの前だったかもしれず、冷や汗ものだ。

|

« 反原発反TPP論者の新聞の読み方 人口減なんか怖くない移民政策反対 | トップページ | 曽野綾子氏という問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39491/58065079

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発反TPP論者の新聞の読み方8月25日 秘密保全法案:

« 反原発反TPP論者の新聞の読み方 人口減なんか怖くない移民政策反対 | トップページ | 曽野綾子氏という問題 »