« ココログ サイト内検索 | トップページ | やっぱ日本で洋書電子書籍はキンドル 英辞郎●MOBI/Kindle対応版 »

2011年1月 8日 (土)

洋書入門というサイトを紹介 理系和書の崩壊 電子書籍あれこれ 読書と景気

洋書入門というサイトを紹介したい。
http://www.yousho.info/about.php

「洋書が読みたい」でググって見つけた。最初見たのは、
「洋書読み」になるべきか、ならざるべきか、それが問題だ!
http://www.yousho.info/100.php
というページである。大変示唆に富む内容だ。

穂影は英語の勉強したいから洋書を読みたいのではない。
知識に興味があるから、本を読みたいのであって
知識を覚えきれなから、記憶は不正確なので蔵書したいのである。
今の日本の状況だと、和書は頼りないので、洋書を頼らざるを得ないのだ。

文学、エンタメ系なら、紙の和書でも、今は十分に頼りなる。
しかし、理工系の専門書になると、紙の和書でも頼りない。
理論と定量がない、素人向け解説本ばかりになっている。
書き手の問題より、日本の読み手の問題かと思う。
分数計算もろくにできない、理工系大学生の存在のせいだろうと思う。
大学生、院生の教科書向けの手ごろな値段の新刊専門書は、
20年前、30年前の専門書より明らかに後退している。
全く進歩していないか、後退している。20年前、30年前の専門和書が内容のピークだ。
明らかに、東大生の平均的な読解力が後退しているからに違いあるまい。
大切な専門的なある程度高度な微分積分方程式や常数、係数、定量基礎データの記載がどんどん省かれている。
読み手が理解できない、使えこなせない、プログラミング化する能力がないからだ。
大学生向け教科書新刊書がどんどん素人向け解説書化している。
毎年かわりばえのない設問、問題しかない官製資格試験の受験対策参考書化するばかりだ。
判っていなくても、少し丸暗記していれば、受かってしまうあの試験である。

最近、日本人は本を読まなくなった。マンガばかり読んでいるからだ。
テレビばかり観ているからだ。映画ばかり観ているからだ。テレビゲームばかりやっているからだ。
車でドライブばかりしているからだ。繁華街を歩きまわっているばかりだからだ。
遊園地で遊んでいるばかりだからだ。
不景気で仕事でこき使われているから、本を買う金があっても読む時間がないからだ。
そうだとしよう。

じゃ、なんらかの理由で、日本人が本を読むようになった。本の消費量が増えた。
読書時間が増えたとしよう。休日は家に引きこもって本を読んでいるとしよう。

そうなると
その分、テレビの視聴率、映画、遊園地、繁華街の収入、テレビゲームソフトの売れ行きは落ちるかと思う。
車の売れ行きが落ちる、ガソリン消費量が減る。
日本の悪い景気が、ますます悪くなる。

何が心配で、日本人の読書衰退を心配しているのだろう?

不景気は嫌なので、読書三昧は穂影達だけができれば良いかと思う。
他の人間は他に時間を使って、散財して、景気を支えて欲しい。
良い本が読みたい。他の人間は馬鹿のままでも良いとさえ思えてきた。

|

« ココログ サイト内検索 | トップページ | やっぱ日本で洋書電子書籍はキンドル 英辞郎●MOBI/Kindle対応版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39491/50529887

この記事へのトラックバック一覧です: 洋書入門というサイトを紹介 理系和書の崩壊 電子書籍あれこれ 読書と景気:

« ココログ サイト内検索 | トップページ | やっぱ日本で洋書電子書籍はキンドル 英辞郎●MOBI/Kindle対応版 »