« 反射光:見逃してはいけないこの事実 | トップページ | くさなぎさんのお酒の失敗? »

2009年2月24日 (火)

建築確認制度など廃止してしまえ!

 テレビでニュースをやっていた。姉歯受刑者が構造計算をした、愛知県のビジネスホテル、デンターワンホテル半田が、建築確認をした愛知県とコンサルタント会社「総合経営研究所」を相手取り、5億1600万円の支払いを求めていた訴訟の、名古屋地裁の判決があった。

「審査を行った愛知県建築主事は安全性を保つための注意義務を怠った」などと述べてホテル側の主張を大筋で認め、県と総研に計約5700万円の支払いを命じた。一連の事件で、強度不足を見逃した行政の責任を認めた判決は初めてと見られる。

だそうだ。

建築確認申請などと言う、責任をとらない、お上のお墨付けなどやめてしまうべきだと思う。責任を取るとすると、無駄な血税の浪費である。責任をとらなければ、この業務が血税の無駄である。

建築確認申請をやめても、違法建築を取り締まることはできる。違法建築を撤去させることはできる。

撤去しなくてはならないような、違法建築を設計して施工するような設計事務所、施工会社に発注するのは、建築主、発注者の自己責任である。

違法建築として、撤去が遂行された場合は、損害賠償は建築主、発注者と設計事務所、施工会社との間の民事問題でしかないべきだ。

建築行為は確認申請でなくて、設計図書、構造計算資料、あるいは工事監理資料を提出させる届出制で十分であろう。そのときに、お上が順法性など、確認する必要もOKを出す必要もない。受け取って保管するだけで良い。提出しなかったら、後で×で良い。催促してくれなかったなどと文句も言わせくて良い。お上は着工前だろうが施工中だろうが、竣工後だろうか、好きなときに、違法性がないか検査すれば良い。届け出られた物件を全て調査する必要もない。適切なサンプリング調査で良いのだ。

お上は、「建築したかったら、したら」 「でも変なもの(違法建築)だったら、撤去させてもらうよ」、でいいのである。

|

« 反射光:見逃してはいけないこの事実 | トップページ | くさなぎさんのお酒の失敗? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築確認制度など廃止してしまえ!:

« 反射光:見逃してはいけないこの事実 | トップページ | くさなぎさんのお酒の失敗? »