« 反射光:自殺のすすめ:甘やかされてきたやから | トップページ | 建築確認制度など廃止してしまえ! »

2009年1月15日 (木)

反射光:見逃してはいけないこの事実

SAGAさんは、元厚生労働省事務次官刺殺事件の犯人は非道な殺人者であり、同情できる、共感できる余地は全くないと言っている。

さらに、それは犯行の狙いがどんなものだったとしてもと断言している。

まったく異論はない。

話はかわるが

まがりなりにも、民主主義国家で、法治国家ならば、法に死刑というものがあるのなら、死刑判決を下すのも、死刑を執行することも、基本的には何ら道義に反するものではない。しかし、これをもって、死刑囚の命を、そうでないものより、軽んじていいかということにはならない。軽んじることは論理的ではない。命を軽んじていいというのは、誰の命でも軽んじて良いという理論からしか理論的には展開できない。死刑が執行されるその瞬間までは、死刑囚の命は普遍的規範に基づいて他者同様に重んじられなくてはならない。

私刑、リンチというのを、容認したら、法治国家、社会正義は崩壊する。

人体は生きていようが、死んでいようが、器物ではない。自分の所有でない器物を傷つけたら、器物損壊罪に問われる。ネットで調べたら死体損壊罪という述語の存在があった。それ以上に、死体の尊厳というのは、社会的には認知されているかと思う。執行を受けた死刑囚の遺体にも普遍的な死体の尊厳は払われるべきかと思う。

いうまでもないが、普遍的な意味で、刺殺された元厚生労働省事務次官の命は、他の命同様とてつもなく重い。

文化的には死者の尊厳、死者の名誉というのがある。日本はこれを重んじる傾向があるように思える。私は、これは世界の一地方の風俗的文化であって、世界で普遍的であるのはやや難しいと思う命を重んじるという論理からは、死体の尊厳を守るというほどにも、自然には展開できないのが、日本人の抱く、故人の名誉という論理である

これは、誰でも死ねば仏様になるという、仏教系の独特の方言の影響かとも思われる。

死者の名誉、故人の名誉というのは、その者の生前の名誉でしかありえない。生前に名誉がない者が、死んだからと言って、守るべき名誉が発生することは、論理的には、ありえない、展開できない。

ただ、名誉に疑義があったとしても、故人となったら、本人には弁明、弁解の機会がないので、糾弾するとアンフェァになるから、それを不問にするという、日本人の美意識が、働いているかも知れない。しかし反面、死人に口なしということがあり、それを悪用する人間がいるので、ここで、なんでも不問というのは、社会的にアンフェアということになる。明らかに、権力者のパワハラで、その飼い犬的な存在に身を落としているしかなかった、哀れな弱者が自殺する例があるので、この日本人の美意識は、社会正義上とても危険なのである。弱き者が、大きなパワハラで、ちっぽけな名誉を守るために死んでも、役に立たないと、権力者に思い知らせるのが、検察などの司法関係者、ジャーナリストらの責務であり、それが弱者の自殺を未然に防ぐ。

自殺に追い込むというパワハラを作用させないまでも、不可抗力の、飼い犬的な存在に身を落としているしかなかった、哀れな弱者の死を喜ぶ者がいたとしたら、許せないことである。可抗力というのかそうでないのか、今回のような犯行を喜ぶ者がいたら、犯人に準じて許しべからざる、心の波紋であろう、自戒したい。

生者のものであろうが、故人のものであろうが、十分に守るに値するものが本当に存在するのか問わず、名誉・尊厳を守るというのが、その者の家族・遺族に対する、思いやりという文化が日本人にはあるかも知れない。しかし、これを過度に言っていたら、犯罪者の取り締まりというのはできなくなってしまうのである。

社会的地位のあるものは、例えば買春や万引きなどの犯罪に、よりかかわってはいけない立場の人なのだから、もし、そういうことを犯して発覚したら、報道されてしまうのは仕方ない。その報道はジャーナリズムの責務でもある。一方で、通り魔やストカーの凶行の被害者は全く、気の毒なことではあるが、社会的地位のある人が、もし買春、万引きの犯行中に、通り魔の被害にあったとしても、犯行の事実と、被害の事実は、別件なのである。一方の事情で、他方の報道が歪曲されることがあってはならないのである。

社会正義の睨み論考の対象として、殺人、通り魔、ストーカー、買春、万引きと、天下りとか、昨今の高級官僚のあり方の問題の、深刻さを較べることが論旨ではないが、一連の事件の報道のあり方、反応の仕方において、朝日新聞や読売新聞などのジャーナリスト達に、何者にもおもねない記者魂、編集者魂として、いささかの反省点、うしろめたさもないとは言い切れないように思うのである。

我々、大衆というのは、無責任である、報道も娯楽として楽しむ。ある時は、ご都合で、正義を振りかざし憤ることを楽しみ、あるときは、人情家をよそおい涙してみせることを楽しむ。それに迎合するだけに、なりさがるジャーナリズムで良いのだろうか。大衆ご機嫌を、そこいかねないことに、躊躇しないこともまた、ジャーナリズムの真髄なのである。

本来、官僚パッシングの中にあって、様々なことに向き合って、その実存を我々に示し直して欲しかった人の命を、しょうもない理由で断ってしまった犯人に強い憤りを抱くべきであるが、それを、大衆迎合で、すりかえ報道してしまった日本のジャーナリズムに強い憤りを感じる。

SAGAさんの意見に共感する次第である。

|

« 反射光:自殺のすすめ:甘やかされてきたやから | トップページ | 建築確認制度など廃止してしまえ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反射光:見逃してはいけないこの事実:

« 反射光:自殺のすすめ:甘やかされてきたやから | トップページ | 建築確認制度など廃止してしまえ! »